高松市からの引越し見積もり|安くする方法

高松市から全国の主要都市への引越しを予定されている方へ、
このサイトでは、高松市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額と、
引越し費用を安くするための見積もりの方法をご紹介しています。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

高松市から全国の主要都市の引越し概算見積もり額

 

高松市から全国の主要都市への引越し概算見積もり額は、
このページの下の方にある、各引越し先別のページからごらんください。

 

高松市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
高松市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
高松市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
高松市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、高松市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■引越料金の見積もり
引越しの見積もりについてですが、引越しをする前には、先に見積もりをもらって比べてから、引越し屋さんを選ぶとよいと思います。というのは、料金は業者によりかなり差があるのです。引越しの見積もりによって、各社の料金がどうなのか、どこまでやってくれるのか、比べてから業者を選ぶのが賢い方法です。引越し見積もりというのは、通常はどこの引越し業者でもそうしています。引越し料金の見積もりを依頼するには、まずは引越し見積もりをしてもらう日時を決めます、引越し会社の人が家に来て、実際の荷物の量などを見て料金を計算してくれます。引越しの見積もりの方法は、どこの引越し業者でも似たようなものでしょうけど、荷物全体の容積がどのくらいになるのか、荷造りは業者に頼むのか、自分でするのかなどを確認します。それから、引越し先の距離や引越し先の搬入経路の確認など、といったことで見積もりの金額も変わってきます。見積の金額がわかったら、それを比べて一番よい会社を選ぶのですが、−社くらい引越しの見積もりをしてもらうことで、同じようなサービスであっても一番お得な引越し業者がどこかわかりますし、値段がほぼ同じくらいだったら、サービス内容の一番よい業者を選ぶことができますので、引越しの見積もりをしてもらえば最も条件がよい引越し業者を選ぶことができます。

 

■引越しの見積もり比較
引越しの料金についてなんですが、引越し業者各社の見積もりを比較するといいますと、どんなところがチェックポイントになるかといいますと、まず、見積もりを比較する場合には、金額を比較するのは金額の他にもサービスの面でも比較してみなければなりません。といいますのは、引越し会社各社から見積書をもらったら引越しプランが同じであってもダンボールがどれくらいつくのか、ハンガーボックスなどもあるのかとか梱包材料はどんなものまで含まれるかも引越しの見積もりを比較する際にはチェックしておくのも大切です。その他にも、引越しの見積もりをしただけで、特典として何かもらえるとか、といったサービスがあるかもしれませんし、タンスの中身はそのままでいいという業者もありますし、中身を出さなければ運べないというところもあります。引越し業者に見積もりを依頼するのは、3社くらいは見積もりを依頼して、値段とサービス内容について比べてみるのがいいですね。そうすることによって、値段ではどの引越し業者が安くて、サービス面ではどの引越し業者がよいのかがわかるので、それで業者を決めることができます。というわけで、引越しの見積もりは1社だけではなくて、最低でも3社くらいは比較してみることがおすすめです。

 

■引越し料金の仕組み
引越し料金の仕組みについて紹介したいと思います。引越し業者の料金はどんなふうにきめているかといいますと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などの合計が料金になります。最初に運送費についてなんですが、運送費は運賃と作業の料金が含まれています。トラックの大きさはどのくらいのものが必要か引越しをするために必要な作業量荷物を運ぶ距離は何キロあるのかによって引越し料金の価格は変わってきます。引越しに使用するトラックが大きくなるほど引越し料金は高くなりますし、また、台数が多くなれば多くなるほど引越し料金の値段は高くなりますし、そして、引越し先が遠ければ遠いほど引越し料金は増額になりますし、他にも、人件費に関しては、これは引越し会社の作業員のことで引越し業者のスタッフの数が多ければ多いほど引越し料金は増額になります。さらに梱包費と交通費がありますが梱包費はダンボールをはじめとする梱包材料や梱包作業が含まれます。交通費も、下道で有料道路を使わなければ必要ない料金です。そして、保険料がありますが、引越し業者によって無い場合もあるようです。荷物の破損などのトラブルがあった際には保険があるのかないのかによって対応もかなり違ってきます。引越し業者の料金には、これらのものが含まれています。最近は、いろいろなサービスがある業者も多いですから、何社かの引越し会社の見積もりを比べてから選ぶとよいです。

 

■引越しのオンライン見積もり
引越し見積もりにインターネットを利用する人も多いです。とくに一括見積り比較というシステムもありよく利用されています。インターネットから、色々と引越し先の条件を入力することで、オンライン上で一括して、多くの業者に見積もりの依頼をづることができるというものが、それによって比較をしてお得な業者をみつけることができます。多くの引越し業者に自分で見積もり依頼の連絡をするのはなかなか大変ですが、このシステムですと、入力は一回だけで済んでしまうので、最近は人気があり、利用者も年々多くなっているようです。残念ながらこの一括見積といいますのは、あくまで概算見積もりの範囲であり、ちゃんとした見積書を出してもらうためには、実地見積もりで荷物などを確認して計算して見積をしないとできません。ネットの一括見積の利点としては、あくまで見積もり依頼を何度もしなくていいということであり、引越し各社の見積もり内容を比較をすることができる点です。複数の引越し業者を比較することによって安くてサービスもよい引越し業者がわかりますから、最もお得な会社に引越しを依頼することができることです。実際に引越し料金は業者によってけっこう差がありますから、引越しの見積もりをする際には使うとよいと思います。

 

■引越し業者の種類
いざ引越しをすることになったらどの引越し業者がいいのかわかりません。引越し業者といってもとてもたくさんの業社があります。例えばよく名前を聞くような、大手の引越し業社だったり大手企業以外にも、中堅、中小の引越し業者もたくさんあります。また、赤帽のような軽貨物運送業者もあります。引越し業社にはそのように多くの業者がありますがどの引越し会社を選ぶのかは、自分の引越しに合わせて選べばいいと思います。例えば一人暮らしで荷物がすくない引越しで、家具や家電付きの賃貸物件というのも最近では人気になっています。こういったケースですと、作業員の人数も必要ありませんので、宅配便でダンボールをいくつか送れば済んでしまうこともあるでしょう。同様に、単身赴任の引越しの場合には、引越し業者や運送業者に単身引越しパックのようなものが用意されていますので、こういったサービスを依頼すればスムーズに単身の引越しをすることが出来ます。こういった感じで、引越し業社は自分の荷物の量や内容などに合わせて選ぶといいと思いますし、また引越し業者によって料金も違いますから、3社くらいの引越し業者に見積もりをしてもらって料金の比較をするとともに、作業員数やトラックの大きさなども確認して、一番条件のよい会社に依頼するのがよいですね。

 

■引越しのスタイルで業者を選ぶ
引越し業者や依頼するサービス内容の選び方について、荷物の量や家族の都合といったことによって、それにふさわしい業者やサービスを選ぶとよいでしょう。例えば、大家族で引越しする場合には、人数も多ければ当然ですが、沢山の荷物がありますから、引越しもそれなりに大仕事になります。小さな子供がいれば、子守もしながらになりますし、家族での引越しの場合には、作業量と、どれだけ手間をかけることができるかで、業者や依頼するサービスを選択する必要があります。子供がまだ小さい家庭ですとか、高齢のお年寄りがいる家族の引越しでは、子供や高齢者の引っ越し準備もしてあげなければいけませんし、仕事をしていれば職場の引越しの準備もありますし、仕事の合間に、家の引越しの準備もしなければならないわけで、なかなか時間がないのが普通でしょう。このような状況であれば、全部おまかせコースとかいうようなこちらで荷造りなどもしておかなくてもよいというサービスもある引越し業者に依頼することによって、少し料金は高くなりますが、助かるのではないでしょうか。また、単身赴任や一人暮らしの場合でしたら、荷物が少ないですから家族で引越しをする時に比べれば、それほど人手も必要ないのではないでしょうか。引越し業者の単身パックのようなサービスを依頼すると、わりと簡単に、比較的安い料金で引越しできると思います。大人数の引越しと違って、単身の場合は引越しもわりと楽なので、その点も考えて引越し業者を選ぶようにすればいいのではないでしょうか。

 

■引越し業者ランキング
引越し業者のランキングというのがありますが、どの引越し業者を選んだらいいかよくわからにという人にはけっこう役に立つ情報として使うことができますよ。ランキング上位になっているような引越し業者は安心して引越しを任せることができます。どこでこのランキングを見ることができるかというと、複数の引越し業者の一括見積ができるサービスのサイトなどでよく載っていたりします。総合評価と項目別評価になっていたりして、引越し見積もりが安かったランキングですとか、電話や営業マンの態度がよい業者の評価や引越し作業員の態度がよかったかという評価やスピード、サービス全体などを見てランキングがされているのが一般的です。これから引越しをしなければいけない人にとっては、どの引越し業者がいいのかよくわからない、人もいるのではないでしょうか。そのような場合には、引越し業者ランキングを見ておけばかなり参考にすることができて、役に立つものだと思います。一括見積サイトに掲載されているのは、このサービスを通じて実際に、引越しを頼んで対応がどうだったかということが書かれているので、実際にどうなのかということがよくわかるので、参考にするといいでしょう。

 

■引越しの追加料金
引越の契約に関して追加料金というのは基本的には、発生することはありません。見積もり、契約をした時点で決定している料金がすべてです。というわけで、契約をした後にまた、別途料金が必要になるということはないはずなのです。ただし、引越しの場合によっては、見積もりをした時の荷物の量や引越し先の場所、引越し先の家の前の道幅などが見積もりをした際の情報とは違っていたために追加料金が必要になる場合があります。見積もり時より荷物が増えていて、当日、トラックに積み切れなくて、積み残しになってしまったら、もう一度往復したり、別のトラックを手配したりして運搬を完了させることが必要です。正確な情報を見積もりの際に自分が伝えていなかったことにより、積み残しが当日発生してしまった場合では、追加料金が発生する場合もあり得るのです。また、予定された時刻になって、荷物を運ぼうとしてまだ、荷造りができていなかったりして、引越し業者も梱包作業をしなければならなかったというケースもそのための追加料金が必要になることはあります。追加で費用が必要になるケースというのも契約時には、しっかりと確認しておきましょう。予定どおり引越しの作業を完了するためにも、追加の費用が必要にならないためにも、できれば前日まで、荷造りなどの準備は終わらせておきましょう。

 

■単身引越し
独身者など自分一人の引越しには、単身引越し向けのサービス商品があります。独身や学生など一人暮らしの人の引越しの場合は、家族で引越しをする場合とは、また違ったものになります。単身の引越しの場合は、大きな家具や家電もないですし、荷物も一人分ですから、さほど多くないと思います。なので、単身の場合は、家族引越し向けのサービスにあるようなダンボールや引越しの保険などといったサービス特典もそれほど魅力的なサービスでもないでしょう。それよりも少しでも引越しにかかる費用を安くしてもらったほうがありがたいという人が多いのではないでしょうか。単身引っ越しでは、荷造り梱包などもわりと簡単でよい場合も多く、荷物を運ぶ引越し業者のトラックの助手席に乗って行くことができるというサービスがあることが一般的になっています。単身赴任や独身者の場合にはそれ用の、学生の一人暮らしには学生の一人暮らしに適している引越しのプランを探して引越しをしたほうがお得な料金になっていることも多いですし、それ用のコンテナなども用意されているので便利だと思います。単身の引越しプランはほとんどの引越し業者で商品としてあると思いますので、各社、若干サービスに特徴もあったりしますから、自分の引越しの場合、どれが一番良い内容か、使い勝手のよいものを見つけて申込みするとよいですね。単身の引越しは家族向けの引越しに比べてたいていは、それほど費用も高くならずに済んでしまうでしょう。

 

■引越しのらくらくパック
引越のプランにらくらくパックというようなものがありますけど、引越しのらくらくパックは、大手の引越し会社などであればたいていありますが、名前やプランの引越し内容はその会社によって違いますが、例えばクロネコヤマト引越しセンターの場合は引越しらくらくパックというように呼ばれていますけれど日本通運の場合は、ゆうゆうこんぽと呼ばれていたと思います。松本引越しセンターはたしかおまかせコースという商品名だったはず。引越会社の作業員が荷物の梱包から搬出から、搬入まで何から何までやってくれるという引越しをすべてプロに任せてしまうプランというのが一般的にそう呼ばれているものです。荷造りから荷解きまで全て業者がやってくれますけれど、やはりいるものといらないものの仕分などは依頼者側でしておかなければなりません。引越しのらくらくパックのプランで梱包の解体まで含まれている引越し業者の場合も、ダンボールを片付けてくれるだけで荷物の片づけなどは自分がしなければなりません。しかし基本的な引越プランと比べて料金的には少々割高になると思いますが、プロに任せることができるので実際に、楽に引越しができるのは間違いないですね。子供やお年寄りがいる場合ではなかなか引越しの準備が大変ですから、引越しのらくらくパックを利用すると便利でいいかもしれませんね。

 

高松市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
高松市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
高松市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
高松市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、高松市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド

 

 

 

 

■自分で引越し
自分で引越しをやろうと思っている人も、一人暮らしなどの場合は多いかもしれませんね。引越し屋さんを使わずに自分で引越しする場合の、いいところやそうでもないところ、ちょっと考えてみた方がよいかもしれませんね。最初に、引越しを自分ですることのメリットはまずは、引越し屋さんを頼むお金がいらなくなりますので、そのぶんの引越しにかかる費用が安く済みます。それから、自分で引越しをしたほうが気分的に楽なこともあるかもしれません。引越し業者に頼むと、初対面の引越し屋さんのスタッフに、作業の指示などをしたり、こちらが頼んでいるとはいえ、気を使ったりして気にする人の場合は気分的に楽ではないかもしれません。その点、自分で引越しをする場合は、家族や仲間など知っている者だけでやるわけですから、それなりに気楽に楽しく引越し作業ができるかもしれません。しかし、自分で引越しをする場合は、いいことだけでなくデメリットもあります。引越し業者を使わない場合の困ったところは、結果的には、引越し業者に頼むより高くついてしまったということもよくあるようです。例えば友達に手伝ってもらって食事をおごったり、何かお礼のものをあげたりしますから、トラックやワゴン車などを借りてきたり結局は、引越し業者に頼んだ方が安く済んだのではないかなんてこともじつはありがちなのです。その他にも、家族や友達に手伝ってもらって引越しをする場合は、引越し屋さんのように、それを専門にやっているわけではありませんので、素人が引越しをするので、ケガをしてしまったりですとか、いろいろと困ったことも起こってしまうものです。ということもありますので、引越し業者を使わない方法は安く済む場合もありますがデメリットもありますから一応そういうこともあることを知っておくとよいと思います。

 

■引越しの手順
引越しをするには当日だけでなくて、準備も大変ですよね。やることがいろいろあってたいへんなのではありますが、スムーズに引越しを進めるには、それなりに手順があります。まずはいつ引越しをするのか、それに向けてどう準備をしていくのか、計画といいますのがしっかりできているかで引越しをスムーズに終わらせるためには大切なことです。引越しの手順がしっかりとできていれば、安く、早く引越しもできますし、引越しをスムーズに行うことができると思います。そういうわけで、引越しの予定ができたら、まず引越しのプランから始めましょう。引越しは何月何日にするのか、それから引越し業者も決めておかなければなりません。時間的な目安についても考えておかなければいけませんね。引越しの計画をしっかりと立てることで引越しが上手く完了するかどうかはかかっていると思います。引越しの計画が立てられたらその後、すぐに荷造りではなくて、その前に、必要なものといらない荷物を分けて、必要ないものは捨てるという荷物の量を減らすことが必要です。ある程度荷物の整理ができれば荷造りも少ない時間でできます。この下準備がないと荷物の整理をしながら荷造りをしますから効率よく荷造りができません。スムーズに引越しの荷造りをする場合にはある程度のいらないものを整理することが大切です。そして引越しの当日になって、荷物を運び出して、新し家への搬出作業、引っ越し後の荷物の整理手順で引越しは進められていきます。それ以外にも、引っ越す前の近所への挨拶や引越し先でのあいさつなどいろいろあるので、忘れないようにしっかり段取りをしておきましょう。

 

■引越しの計画
引越しを上手く終わらすためには、しっかりと計画をしておくことが最も大切だといわれています。この引越しの計画をしっかり立てておかないと上手く引越し作業を進めることができません。引越しをスムーズに進めるためにも先に引越しの計画をしっかり立てましょう。例えば、何月何日に引越しをするか決めるにも、季節によっても事情が違います。例えば月月は転職や入学、就職シーズンですから繁忙期にあたりますから引越し業者の値段も高くなりますし、アルバイトの作業員が多かったり希望の日に引越し業者を手配できないもともあります。そういうこともあり、引越しの予定はできれば早めに決めておいてできるだけ繁忙期は避けたほうがいいかもしれません。また引越しをする時間についても、引越しの時間というのは、時間帯が遅くなれば遅くなるほど安い料金になることがありますので、引越しの予定を立てる場合には、遅い時間で見積もりをしてみるのもよいかもしれません。ある程度の引越しの計画ができたら、それから、引越し会社2、3社に連絡をして料金がいくらになるか見積もりしてもらいます。引越しの見積もりが終わって比べることで最も条件のよい引越し業者を選ぶことができますので、引越しの計画もだいたい立つと思います。引越しを依頼する業者と日取りが決まってしまえば細かい部分はおのずと決まってくるかと思います。

 

■引越しの荷物の仕分
引越しの荷物は極力減らすのがいいですね。引越しというのはいらないものを処分するいい機会でもあります。また、荷造りを始める前に、引越しの荷物のある程度の整理を先にしておくことで荷造り作業もはかどると思います。例えば、まずは、いらない洋服を整理しましょう。ほとんど着ない洋服、もう着ない洋服を処分することで引越しの荷造りの下準備になります。そして引越しの準備をしながら不用品も出てくると思いますが、どう処分をするのがいいか決めます。例えばリサイクルショップにもって行くのか、粗大ごみの処分はどこに持っていったらいいのか不用品の処分についても先に考えておけば引越しの間際になってあわてなくても大丈夫です。電化製品などの場合には、リサイクル法で処分方法が決められていますから、もって行く家電、使わない電化製品などの整理も事前にやっておくとよいでしょう。引越しの荷造りを始める前に荷物の仕分をしておくと荷物が少なくなった分だけ、荷造りの作業もはかどりますし、引越しをすることが決まったら、できればすぐにでも、荷物を整理して、減らしておくのがよいです。

 

■引越しの荷造り
引越しの荷造りのコツについてですが、引越しの荷造りをする際には梱包に注意しましょう。最近では引越し業者に梱包まで頼む人も多くなっていますが、自分で引越しの荷造りの梱包をする場合には、色々な注意点がそれぞれの荷物の種類によってありますから、どんなものがありかといいますと、食器類や装飾品などのワレモノの梱包の場合に、引越し業者がやってくれる場合は壊れやすいものはやはりプロに任せるのがいいと思います。食器は強度によって梱包にはコツがありますから割れないように梱包をしてもらうことが引っ越し業者なら出来ると思います。もしも食器の梱包を自分でするなら新聞や緩衝材などで割れない対策をしておきましょう。引越しの荷物には自分で持って行ったほうがいいものがあります。それはもしも無くなってしまったときにたいへんなことになってしまうような貴重品などは自分で持って行かなくてはなりません。例えば高い宝石や装飾品など預金通帳、実印や株券、現金やキャッシュカード、有価証券や権利書なども手持ちで引越し業者に頼まないほうが安心です。荷造りをする際には、何がどこに入っているのかわかるように外箱にマジックなどで書いておくと、どこに運び込むものかを書いておくとスムーズに運べるコツですね。

 

■引越しの当日
実際に引っ越しをする日になりますと、引越し会社の作業員の人がやってくれますが、私達は全部おまかせで何もしなくていいわけでもないです。まずは、引越し業者がわかりやすいように指示をすることで、当日の作業もスムーズに進みます。特にば大きな家具などは最初に、配置する場所を図にしてしっかりと説明しておけば、スムーズに大型家具を設置してもらえて便利かもしれませんし、あるいは、配置図を準備しておくというこのまではしなくても、現場で配置を指示してやることによってスムーズに作業が進みます。引越しの当日は作業がスムーズに進むように、作業前を始めるに、当日のだいたいの時間的な予定の確認、荷物の積み込み、搬入の順番などの確認をしておけば、作業もスムーズに進むと思います。もしも特殊な物を持っていく場合には、前もって引越し業者に確認をして運べないといわれた場合には専門の業者に頼まなければいけませんからそちらも引越しをする前に手配しておく必要がありますね。引越しの当日は引越し会社が全部やってくれると考えている人もいるかも知れませんが、そんなことはなく、引越しの当日も引越し業者にいろいろと指示を出したりといったように、引越しが早く終わるように私たちもスタッフのお手伝いもしなければいけないので色々と忙しいと思います。

 

■引越しに必要な梱包グッズ
引越しの準備に必要になるものについてなのですが、準備と言えば、荷造りからなわけですが、まず一番に段ボール箱が思いつくかと思います。問題なのは、むしろ、ダンボール箱の量のほうではないでしょうか。では、引越しに必要なダンボール箱というのはどのくらいかと言いますと、一人あたり20箱くらいが平均的に必要になるのではないかとよく聞きますから、そのくらいは、準備をしておけばよいのではないでしょうか。通常、ダンボールは、今は、引越し専門業者ならどこでも、引越しをする前に、必要なだけ無料サービスしてくれますので、自分でどこかからもらってきたり、買ってきたりする必要はありません。そして引越しの梱包に必要なグッズとして、クッション材とか、プチプチなども必要ですね。こちらはホームセンターなどで量り売りされていますから、ガラスやセトモノなどを梱包するために使いましょう。それから、ワレモノを梱包する時には、新聞紙も要りますよね。新聞紙は、ワレモノ以外にもいろいろ使えますので、沢山用意しておいたほうがいいですね。あとは、ガムテープやひもなどももちろん荷造り梱包のためには必要になります。他にも引越しの梱包の際にはハサミやカッターナイフですとか軍手もあると助かることが多いです。その他にも、梱包した荷物に、引越し先のどの部屋に置くのかということを書くためにマジックインキがあったほうがよいですね。

 

■引越しと防震
引越の際に、防震対策もしておくというのは合理的です。ここ最近では、主な引越の会社さんでも引越し作業といっしょに防震対策をしてくれるサービスを行っているところがあります。免震シートや固定金具などいろいろなものを引越業者によって準備しています。たとえば、引越し先に家具を運び込んで配置したら地震があったのために家具を固定しておく家具の固定金具を取り付ける方法ですとか、家具を置く下や家具を積み重ねる間に免震用のシートを入れておくという方法もあります。家具を全て配置し終わってからそういうものを取り付けようとすると大変なこともあります。防震金具や免震シートなど見つけてくるのも大変ですが、引越し業者の人にやってもらえば、荷物を動かすついでにできるので便利で楽です。引越しと防震ですが、各引越し業者によって方法や使う対策グッズなどに違いがありますし、サービスの値段も違いがあるかとは思います。各社のホームページなどを見てみると、地震対策のオプションや方法、料金などが、それについて説明があると思いますので、まずはそれを見てから違いを比べてみるのがよいかと思います。引越は地震対策をするのにも都合がよい機会なのでとてもよいことではないかと思います。地震対策は契約時などに強く勧められることでもないことが一般的なのでやっておきたい場合は、こちらから依頼をしておくことが必要です。

 

■引越しの各種手続き
引越しが決まったら、電話や電気、ガス、水道の各手続きについて忘れずにやっておかなければいけません。まず、引越しをする場合には、違う電話番号に変わってしまいます。電話の引越しは116番が窓口なので、電話の移転の手続きをしておかなければなりません。電力については、引越しの予定ができたら、電力会社の窓口に電話して、引越しの手続きをしておきます。新居の方の電力会社にも、事前に電話をして、引越ししたらすぐに電気が使えるようにしておきます。引越しのガスの手続きですが、引越しをする日から週間くらい前までに連絡をして起きます。引越し先での新規契約では、引越し先のガス会社の窓口に電話して、申込みをしておくと、入居をする日に、作業員が来て開栓、検査をして、ガスが使えるようにしてもらいます。引越しの場合の水道ので続きでは、電気やガスと同じく、引越し前に、引越しをすることを連絡しておきます。引越し先の水道局にも連絡をして手続きをします。ライフラインや通信の手続きはこんな感じですが、こういったもろもろの手続きは、アパートや賃貸マンションの場合ですと、不動産屋さんのほうでやってくれる場合もありますし、入居した日から連絡なしで使える場合もありますし、また、新築物件などに引越しをする場合にはこのほかの手続きが必要になることもありますので、引越し先のによって個々に連絡をして確認をしておく必要があります。

 

■引越しの色々な手続き
引越しの色々な手続きについて紹介したいと思います。そして、役所での手続きといったことの他にも、例えば、新聞の購読を契約している場合、それから、銀行などにも住所変更の手続きしておくことも他にも、保険にもいろいろ入っていると思いますが、住所変更をしておかなければならないことがあります。例えば保険の場合には、生命保険、自動車保険、火災保険や傷害保険、養老保険とか、学資保険とか契約をしている人は、それらも、忘れずに、住所の変更手続きをしておかなければなりません。また、引越しをした場合は、郵便局にも手続きをします。郵便局に行くと用紙がありますので、転居届を出しておくと、以前引越しをする前の場所に郵便物が届いた場合には、自動的に引越し先の住所に郵便物などを届けてくれるサービスを行っていますから、必ず、届を出しておくようにしなければいけませんね。それから、携帯電話なども住所変更しておかないといけないですし、インターネットの回線も早めに移転の手続きをしておくことで、入居をした日からインターネットを使えるようになりますので便利です。

 

■高松市の公共機関、電気・ガス・水道の引越しの連絡先電話番号
高松市役所 760-8571 香川県高松市番町一丁目8番15号 TEL:087-839-2011(代表)

 

【電力】
四国電力 高松支店 0120-410-761
高松市(国分寺町を除く)

 

四国電力 坂出営業所 0120-410-740
高松市(国分寺町)

 

【ガス】
四国ガス窓口 高松支店 TEL 087-821-8146

 

【水道】
高松市上下水道局
お客さまセンター(電話087−839−2731)

 

高松市内での引越し概算見積もり額

単身で引越しの場合
高松市内での引越し概算見積もり額は
おおよそ20,000円〜60,000円の費用が相場です。

 

夫婦2人での引越しの場合
高松市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ30,000円〜80,000円の費用が相場です。

 

家族4人での引越しの場合、
高松市内での引越し概算見積もり額は、
おおよそ40,000 〜 100,000円の費用が相場です。

上記は、高松市内での引越し概算見積もり額の
大まかな概算としての参考価格です。

 

引越し費用を安くするための見積もりの方法

引越しの費用は、引越し先までの距離、荷物の量、
現在の住まいからの搬出、引越し先での搬入作業のしやすさ、
といった条件によって決まってきます。

 

また、同じ引越しでも、引越し業者によって料金は違います。
例えば、東京に引っ越すにはA社が安いけど、大阪にはB社が安い、
というように引越し先によって、料金の安い業者が違うこともあります。

 

引越し費用を安くするには、引越し各社の料金を比較して、
良心的なサービス内容で最も料金の安い業者を選ぶことが大切です。

 

しかし、自分で多数の引越し業者から見積もりを取るのは大変です。
インターネットの一括見積りを利用すると簡単にできます。
現在、最もよく知られている引越し一括見積はこちらです。

 

引越し料金は、業者によって違います。
最大で50%も違うこともあります!

  • 具体的な引越し料金を知りたい
  • 料金が安い引越し業者を選びたい

という方は、こちらのサイトをご利用ください。
利用は無料、一回入力するだけで引越し各社に見積もり依頼できます。
各社の見積を比較することで最も安い引越し業者を選ぶことができます。

 

 引越し価格ガイド